20141013

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト | | - | -
20140613

フェイスブックでばかり記事を書いていたのですが、
もう一度こちらに重点を戻そうと思い立って、過去の記事を手直ししながら読んでいたら
なんだか大事なことを思い出したような気がします。

サヨが生まれて、さとしが生まれて、てんてこまいで過ごしていたけれど
サヨがとても小さかったあの頃、サヨのことを珠のように大切に育てて
毎日の何気ないことを切り取って、あの頃はそこまで何とも思っていなかったけれど
もうあれから8年、9年たった今の私に、何かずっしり来るものがありました。
あの時のことを色々書いてて良かったな。

そう思って、またこれからも、誰よりも自分のために、
何気ない毎日を切り取ってみようと思いました。
ありがとう、と自分に言ってやりたい気分です。笑。

はてさて。
今日もご近所の方からじゃがいもと玉ねぎをごっそり戴きました。
歩いて行けるところでとれたものを口にできる幸せを噛み締めて
子どもたちにも噛み締めさせながらいただきます。

 


いただいたお野菜なのですが、現在はカゴに入れて玄関に置いています。
ウチの中で一番涼しいかな、と思っているのですがまだ定位置ではありません。
いつもはこのカゴにfogのリネンを被せて見えない様にしているのですが、
どこか落ち着いた場所はないかしらー。
 
思い出す | 18:02 | - | 思う
20140520

みなさま、とんでもなくお久しぶりでございます。
私も、家族もそれはもう元気です。
サヨさんは4年生、さとしは年中さんになりました。月日が経つのは早いですね。
素敵な写真や生活、あんな情報やこんなアイデアがこれでもかと溢れる
インターネットやブログの世界、私が細々と続けてきたミモザ手帖をどうしたものかと
なんとなく考えたり考えなかったりしていましたが、
折角綴ってきた毎日なんだし、もう少し自分の内面に焦点を当てて
私の等身大をこれからもぼちぼちと続けて行ってみようかな、と思いました。

 
 










ここ最近はちょっとした野暮用が重なってちょっと疲れたりしたのもあって、
今日は mado cafeさんでおひとりさまランチしてきました。
図書館で借りた本を片手に、のんびりと本を読みながらくつろがせてもらって
なんだか自分が取り戻せた感じ。

 
これから | 14:09 | comments(2) | 思う
20120415

最近は専ら主婦日記そして母親日記と化しておりますそして更新頻度は
ぽつーりぽつりですが、それでも覗いてくださっている方、
本当にありがとうございます。

はてさて。
新年度がはじまりました。夫も私も子供たちも気分がなんとなく一新、
やっと暖かくなってきてうきうきウキウキしています。
さとしはあと1年で幼稚園。口が早くてお喋り、そして体も大きめなので
一度は「もう年中さん?」とか言われたりしておりますがやんちゃな2歳児。
でもパワフルで、親バカなのですが頼もしくて楽しみです。

サヨさんは、学校のお友達にも先生にも環境にも恵まれ
相変わらずスクスクと音を立てて成長しています。
修了式では1年生の代表も勤め上げ、舞台に上がったりだとか
大好きなピアノも続けて(インフルエンザで
コンクールは欠席となりましたが)2年生になった今年からは
新しくお習字も始めました。

習い事というのは、完全にプライベートな世界で教室の雰囲気だとか
先生なども、あまり比較しにくかったり、先生の良し悪しにかかわらず
習わせることで満足してしまったりしてしまうことも
あるのかな、なんて思ったりしちゃったりしなかったり
する訳なのですが(←まわりくどい)
サヨが出会う先生たちは本当に、私が心からウキウキするような
素敵な先生ばかり。「この人にご教授いただけるなら間違いない」と
心底思える人ばかりです。

これからもこういう方たちとのご縁を大切に、私も私なりに
自分の道をウキウキしながら歩いていこうと思います。




 
新しい1年 | 10:14 | comments(0) | 思う
20110909

お久しぶりでございます。
ご無沙汰ばかりしております。

こうしている間にも少しずつ少しずつ季節が変わって
暑くってにぎやかな夏も終わりの気配。

ちょっとした事件が起きました。
今回ばかりは、心の中を整理するのに時間が要るようです。
私がこんなことを言っていてはいけないのも、十分に分かってはいるのです。


そして、私も前を向いて歩こうと思う。
今までとは見える景色が変わったけれど、それでも自分らしく。
 
変わる景色 | 21:29 | comments(2) | 思う
20110728

またまたお久しぶりでございます。
覗いてくださる皆様には感謝感謝の言葉に尽きます。

はてさて今日は、
ちょっと最近自分の中で感じていることを残してみようかなと思いましたもので。

最近の私は、なんだか欲というものが随分減ったように感じます。
前は、アレが欲しい、これが欲しい、他にも
随分色々な欲に囲まれていたというか、発していたというか。
正確には、「欲」というよりも「執着」という方が近いかもしれません。

ところが最近の私というのは毎日の小さな小さな事件が楽しくて
そんな家族の毎日を見ているのが幸せで、私を囲んでいるものが
愛おしくて大切な感じです。
さらにシンプルになったような。
それから自分がこの世から亡くなって、消えてしまうときに
持っていけるものを得たいな、と。
そして自分が自分らしくいられることを、あれこれと感じています。

自分の中にあった「執着」みたいなものから少しずつ解き放たれていることに
幸せを感じています。

と言っても、もちろん旅行やお出掛けは、相変わらず大好きなのですけれどもね。
それに、理想というのはもちろん今でも持ち続けています。

家族や友達、大切な人たちの色々な気持ちを分かち合いたいと強く思います。
そして、また自分のゆったりとしたペースの中で
自分自身を少しいたわってみようと思っています。



先日行った竹島。
夫は結婚前のデートでこちらの神社で「大大吉」というおみくじを引いて
なんだか色々なものを戴いておりましたよ。

随分と結婚やら家族が増えたご報告が遅くなってしまったというものです。
執着 | 21:01 | comments(2) | 思う
20110427


お隣さんからお野菜を頂きました。
すぐ道の向かい側で、畑をやっているのです。
それから、サヨのピアノの先生から、立派なたけのこも頂きました。
 

さっそくもしゃもしゃと有難くいただいております。
採れたての野菜は風味が全然ちがうのが、私にもはっきり分かります。

老後、私も夫と一緒に自分たちに見合った、小さな畑を耕してみたいな。
手間をかける | 12:22 | comments(0) | 思う
20101104
 

先日、MOMO NATURALで買った食器洗剤。
地球に優しい感じの成分です。
泡立ちがアレですけれども。でもウキウキと使っております。

そうそう。
今日は幼稚園のお話です。

サヨが先月から転園した幼稚園は、「文字」だとか「かず」だとかの
お勉強っぽいところが全くありません。鼓笛も。
前の幼稚園ではそういうところに力を注いでいた(と思う)ので
サヨ自身は、とまどったかもしれません。

その代わり、こどもたちが、子ども達同士で関わりあって
成長する様子を、すごくよく観察してくださっている様子で
毎週先生からお便りが届いて、それを読んでいると
すごくこどもの成長について考えて書かれていて
なんだか安心するのです。

そして私が好きだなあと思うところは、
幼稚園に田んぼや畑があって、それを園児たちが田植えしたり
稲刈りしたり脱穀したり種まきしたり収穫したりして
しかも幼稚園で採れた野菜を幼稚園で調理して
お給食で出してくださるのです。
朝、幼稚園まで送っていくと、調理室から、
もうお給食の良い匂いがしてきて、幸せな気持ちになります。
しかも調理場の様子も園庭から見えるようになっています。

あとは「雪遊び」といって雪山に連れて行ってくれたり。
障害のある子なんかも同じクラスに何人かいて
その子たちとも、子ども達が自然に関わっています。

そういう分、私たちお母さんも役割が多くて
親子で徒歩遠足に行ったり(子ども達だけの遠足もあります)、
お誕生日会で1日幼稚園の様子を見せてもらったり(一緒に
お給食もいただくのですよ)、お人形の服を作らなくてはいけなかったり、
資源の回収のお手伝いに行かなくてはいけなかったり。

だけどもそれは、そういうところを選んだ私たちの当然あるべき
ことなのだろうな、と思っています。
自分のこどもが通う幼稚園なのだもの。
何よりも大切な、自分のこどもたちのため。

お母ちゃんは頑張りますよ。
幼稚園のこと | 11:24 | comments(6) | 思う
20100929
 
サヨと私がいただいた色紙は、合わせて5枚にもなりました。

引越しが3日後となり、サヨの幼稚園は明日がいよいよ最後。
今日はなんと3つ目の日記です。

思えばいろいろなことを教えてもらい、
いろいろな気持ちも学ばせていただきました。
小さなサヨをはじめてここへ連れて行った日のことを
じっくり思い出したりしています。
あの日は泣き叫んでいたなあ。

みんなと一緒に卒園させてあげられないけれど
担任のかおり先生が「サヨちゃんはあと○日だよ」とみんなに
言ってくれているみたいで
毎日毎日みんなからたくさんお手紙をもらってきたり
遠くからサヨを呼んでくれるお友達の声が聞こえたり
そんな姿を見ていると、サヨは少し得しているのかな、と
思ったりするほどです。

本当にやさしいかおり先生。
サヨもかおり先生に
「さよはかおりせんせいのこと忘れないよ、
かおり先生もさよのこと忘れないでね」と
手紙を書いていました。

かおり先生は感情をあまり表に出すタイプではないのですが
今日サヨがかおり先生に抱っこしてもらったと言っていて
サヨも先生に向かって「だっこ」というタイプではないので
それを聞いてまたじんとしてしまったり。


お母さんたちにも本当にお世話になりました。
幼稚園の人間関係って、実は色々あるのかな、と
思っていたけれど嫌な人ってひとりもいなくて
逆にみんなよく笑って相談し合って助け合って
とても恵まれていたなあ、と
そういう気持ちを噛み締めています。

仲良くしてもらったお友達の瞳の奥に寂しい気持ちを見つけてしまうと
胸がぎゅっとつぶれて今でも涙が出そうです。
毎日毎日、当然のように挨拶して、
くだらない立ち話をして、そしてまた明日ねと言って
ひらひらと手を振っていた当たり前のことが
とてもありがたくて温かいことだったなあと思っています。

この当たり前の毎日を一度に失うのは、とても寂しいです。
今日だけは、とても寂しいです。

また前を向いて頑張るために、
曲がり角をきちんと曲がるために
明日からはしっかりしなければ、と思っています。

みなさん本当にありがとう。毎日楽しかったです。
ありがとう | 21:51 | comments(0) | 思う
20100407



まだまだ書きたいことは溜まっていますが、とりあえず昨日の日記を。
昨日は、2月に誕生したマユミの赤ちゃんに
やっと会いに行くことができました。
たくさんがんばったマユミ。おつかれさま。
ちっちゃいももちゃん。元気に大きく育ってくださいね。

サヨもさとしも一緒に行って、にぎやかで
楽しいひと時を過ごしつついろいろな話をしたのですが、
やっぱり先に育児をしている人、例えば人数や年齢や
特に小さいうちは月齢も、この場合は私なのですが
先に育児をしている人にしか、具体的な大変さだとか気持ちを
わかってあげられないのだから
どんなことをされたら嬉しい、とか、どんなことをされて
嫌な思いをした、とか、そういうことを思い出して
合わせてあげなければいけないのだなあ、ということを
帰り道改めて思い直して少し反省モードになってしまいました。

そう思うと、やっぱり3人の育児をしている人というのは
本当にすごいなあと思います。
私はもう2人で卒業予定なので、3人の子供を育てているお母さんに
ずっと頭が上がらないと思います。
そして尊敬し続けようと心に誓っています。

世の中の3人、4人と子育てをしている、育て上げたお母さんたち、
本当に本当にお疲れさまなのです。
たったひとりで頑張った、頑張っている人だっていると思うのです。
私には想像もつかない世界ですが、心から敬服しています。
子育てについて思う | 09:48 | comments(0) | 思う
20100405



ものすごく久しぶりのパソコンタイムです。
最近はちょっとずつ濃い毎日、そして濃い春休みを過ごしていたので
書きたいことも少し溜まっているのですが
ぼちぼち更新していこうと思っています。

ええと、ここ最近キッシュ作りに凝っております。
なので何かというとキッシュを作って振舞っている次第で。
そしてなかなかに好評を頂いているわけで(北の国からのじゅん風)。

いろいろ思う日々、
身の丈に合った幸せを満喫していこうと思い直しております。
私の宝物の家族。仲良くそして愉快、みんな健康で、
平穏無事な日々に感謝しています。
思う | 20:27 | comments(0) | 思う
1/3 >>
skin / uterus