20141013

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト | | - | -
20141013


またまたとんでもなくお久しぶりでございます。
毎日野暮用をこなしたり、双子の姉アサコとスカイプでお喋りしたり、
スカイプでお喋りしたり、スカイプでお喋りしたり…
要はスカイプでお喋りばっかりしているここ最近でした笑。
子供会の役員もバタバタする時期を超え、
小学校や幼稚園もイベント真っ盛りのこの季節ですが何しろ子供会が落ち着いて
気持ちもちょっとホッとしています(大した役割でもないのに苦笑)。

そんなこんなで、我が家に新しい家族がやってきました。

 


ジャーン。
ハリネズミです。
サヨさんのお誕生日祝いにお迎えしたハリネズミくん。
私の方が夢中なくらい(苦笑)可愛いです。写真はちょっと緊張気味の表情。
好奇心が旺盛でクンクンクンクンしていましたが、今は慣れない我が家で
まだまだ緊張した様子ですごしています。
しばらくはそっとしておいて、徐々に慣れていってくれたらな、と思っています。

 

 

名前なのですが、クルテクに出てくるハリネズミくんから貰おうと思っていたのですが
あのハリネズミくんは名前がないみたいで、クルテクの作者のズデニェック・ミレル氏から
いただいて、ミレルくんになりました。
サヨさんと一生懸命考えました。笑。
 
まだまだずっと先になると思いますが、
犬のアベルくんとどんな化学反応を起こしてくれるか今からとても楽しみにしています。

 
20140626



 

この前マユミからいただいた水出しの紅茶。おやつと一緒にいただいてます。爽やかー。


週末、サヨのピアノのコンクールがありました。
家にいると色んな誘惑が多いのですが、先週一週間は
先生も臨時でレッスンを入れてくださったり、かなりストイックに練習した結果
見事予選を突破しました。
繰り返し繰り返し練習を重ねるごとに音がどんどん変わっていくのに
見ている私が感動して不覚にも涙が出そうになってしまいました。
私があまり根つめて練習するタイプじゃなかっただけに(沈)、
すごいな、って素直に思います。

一生懸命がんばったことが報われる成功体験をして、
なんだか人間がひとまわり大きくなったんじゃないかな、って思います。

 
20140620


夫から写真をもらったので、今日は夫とデートの話です。

夫は飲み会が多いのですが、いろんな夫の土産話を聞いているとちょっと羨ましくなったり、
そういうわけでたまには私も飲みに連れて行って欲しいと頼んだら快諾。
最近、よく会社の皆さんと行くお店なんかに、時々連れて行ってもらいます(と言っても2回目)。

今回は串モノのお店に連れて行ってくれました。
若くて愛想の良いお店のお姉さんに気が良くなって、夫とも色んな話が出来て幸せ気分。


  初めて食べた鶏肉のユッケだとか
  












  プチトマトにベーコンを巻いたやつとか
   (ドレッシング?ソース?が美味でした)


  日本一美味しい(自称だと思いますが)つくね
  (ふわふわで、チェダーチーズとトマトソースが
   美味しかったのです)だとか、

他にもいろいろいただきました。
お姉さんは感じよく愛想よく(2回目)、贅沢時間に大満足でした。
日本酒好きの夫は大好きな和歌山県のお酒「黒牛」を飲んで、これまた大満足。


そして2件目は、色んなことをとても良く知っているマスターのいるバーへ。
前回ここでテーブルゲームを色々と教えてもらい、とても面白かったのです。

 

 

「ミルク系の甘いのを下さい」とお願いしたら出てきたのが
「ゴールデンキャデラック」というカクテル。
バニラだとかキャラメル(確か)のリキュールが入っていて、甘くて美味しかったです。
アルコールは少し強めでしたが、お隣に居合わせた方と、夫と、3人で
大人な感じのゲームを楽しみながら少しずついただきました。

もう一方のお隣に居合わせたロマンスグレーな紳士は、色々とお話しているうちに
この辺りでは超有名な酒蔵の社長さんだったことが判明。すごいご縁です。
夫と一緒に色んな話を聞かせてもらい、人生勉強。
何よりもその社長さんが本当に気さくで、お互い酔っているのもあって
どんどん夫との距離が縮まり、見ている私もとても和みました。

とにもかくにも普段の生活からはかけ離れたシャレオツな空間です。笑。

こういう時間、たまに味わうとすごーく楽しいです。

 
20120908
 



 
 
今年の誕生日は土曜日で、なんだかとてもじっくりとした誕生日でした。
家族4人で何気ない休日を過ごしながら、お義母さんからお花が届いたり
子供たちに何度も「お誕生日おめでとう」と言ってもらったり
夫にケーキを買ってもらったり。
華やかさや躍動感みたいなものはないけれど
でも1日中ずうっと一緒に4人で過ごせたことが、
なんだかしみじみと嬉しくて幸せで、空に感謝しました。

今日は雨が降るかもしれないと言っていたけれど、
見上げた空は青くて、まだ昼間は暑いけれど低いうろこ雲と目が合った感じ笑。

さて。
先月、私もとうとう入籍してから10年目を迎えました。
あの夏の日の汗だくの引越しから10年。
あの時はまだ若くって、何でも楽しくて、毎日笑ってばっかりで。

サヨが生まれてさとしが生まれて4人になって、
小さな人を育てることで私もなんだか少しだけど大人になりました。
幸せは形を変えて、それで深くなりました。

きっと何年たってもこうして変わらぬ気持ちで
過ごして行けるのね、あなたとだからー

と夫にニヤニヤしながら歌いました。

いつも私のつまらないわがままを聞いてくれてありがとう。
大きな気持ちで受け止めてくれて、嫌な気持ちもスッキリさせてくれて
夫と同じ方を見ていられて私は幸せです。
これからも一生懸命支えていきます。
お掃除もがんばります。笑。

 
20120809
    







夏休みです。
毎日子供たちとの日々。
それなりにのんびりと過ごしています。

夕べは成り行きで、子供たち実家に泊まっています。
なんだかがらんとした家。
朝から家事も邪魔されずはかどったり一人でのんびり過ごしています。

私なしでもお泊りできるほど、二人共大きくなったんだなあ。
夏休みが終わったら、さとしの入園の心づもりもしていかなくては。

写真のすいか、お隣さんから頂いたものです。
とっても甘くて、歩いて行ける畑の恩恵に私たちまで預かっています。
ご近所さんから畑で採れたじゃがいもやトマト、いろいろなものを頂いて
家族みんな元気もりもりです。

インターネットなんかで小さく狭くなる世の中、
とても大きな太陽とピカピカの自然をあらためて噛み締める毎日。




20120607

先日、夫がお友達と山登りに行ってくるというので、
私は子どもたちといっしょにおかざき世界子ども美術博物館で催されている
今森光彦さんの「まほうのはさみ」に出かけてきました。





今森さんの世界は、想像以上で期待以上。
繊細に表現される虫や動物そして美しい花々が子どもたち以上に
私の心を鷲掴みでしたよ。

途中からサヨさんは思ったとおり「やってみたい」の連発。
きっとそうなるだろうと思っていたのです。
そして美術館もそういうシチュエーションを
よく知っているのか知らないのか、
最後に切り紙体験をさせてくださるスペースがありましたよ。





さとしリクエストのカブトムシ(私作)と夢中で体験中のサヨさん。
そりゃあもう紙全部を使って思う存分体験三昧しておりましたよ。
出来上がった作品は、お友達へのお手紙に同封したり、栞にしたり。
とっても楽しかったみたいで、こんな身近なところに
こんな素敵な場所があることに私の方が改めて感動です。

これからも少しずついろいろな芸術に触れて、楽しめたら良いな、と
思っている次第でございます。



20120217
 




まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

我が家はお正月過ぎに私が高熱を出して以来、その月末にはサヨが
インフルエンザに、今週はさとしが高熱後5日間だらだらと微熱が続く、という
ちょっとした不調のオンパレードでした。
さとしは今朝やっとのことで平熱に、今現在はお昼寝中です。

なぜだか週末に体調を崩すことが多い我が家ですが、
子供が高熱を出すとその小さな体で戦っているのが
すぐ傍で見ていてとても心細く、不安なので
いつも夫がいてくれる時で助かるなあ、と思うようにしています。

さて、立春も過ぎて、少しずつ少しずつ日差しが明るく、
そして少しずつ日も長くなってきました。
土の中で春を待つ蛙みたいに、暖かくなるのを待ちわびています。
きっと小さな子供を持つお母さんたちは、皆同じ気持ちなのだと思います。

写真はこの冬の間、私の心の拠り所となってくれたビオラさん。
花の少ないこの時期、いつも可憐にそこにいてくれるのです。
「ミニョン(フランス語で「可愛らしい」という意味)」という種類で
この藤色に桃色、それからうす黄色がかった感じが
なんとも言えず、見入っては惚れ惚れさせてもらっているのです。

この秋は球根をあれこれ植えたのでお日様があたって
芽がにょき、にょき、と伸びてくるのを見ると
春になったらどんな花を咲かせて楽しませてくれるのかなあ、と
私の「春待ち心」もうずうずとしてしまいます。



20110928
 

 
こんばんは。
私なりに、気持ちの整頓が出来たようで、ここ最近は元気に過ごしています。
私が元気でいることで、人に元気を与えられるとうこともあるんだな、と
思ったりしています。

ええと。なので切り替えていこうと思います。
今日は、区切りの意味も込めて
夫とのことについてちょっと残してみようかなと思っています。

夫と出会ったのは、18歳の春でした。
大学に入学して、新しい友達とサークルの見学に行ったときです。
そのサークルは人数が100人以上いる比較的大きなサークルで、
夫はその代表として壇上で話をしていました。

学生時代の4年間は、おもしろい先輩だな、みんなに好かれてて
声も大きいし、性格もはっきりしていて
私も大好きだなあ、というのが正直なところでした。
でもそれ以上の感情はありませんでした。
それぞれに好きな人もいたし、お互いにその話もしたり笑。

 
>>more
20110627

随分なぽつぽつ更新ですが、見に来てくださる方がいらっしゃって
本当にありがたいことです。感謝していますよ。

もうしばらく前のことなのですが、梅雨に入ろうかというところで
さとしが生まれて初めてのピクニックに行ってきました。
年に何回かピクニックをするのですが、お休みのタイミングと
子供たちのタイミングと、私たちのタイミングが久しぶりに一致。



準備して、レッツゴー。
引っ越してきてから、穴場がどこかにないかなと思っていたのですが
早々にステキな穴場を見つけましたよ。
穴場なので、内緒ですよ。




お弁当は、最近凝っている肉巻きおにぎり。
美味しいんだな、これが。




こんなのも作ったよ。





サヨは、四つ葉のクローバーを見つけるのが大得意。
10分もあればたくさん見つけます。
クローバーの生地を通ると、通りすがりでも必ず1つは摘んでくるのです。


20110228


 
くり。
恒例の、一目惚れです。

はてさて。
小学校の入学説明会だとか、子ども会の歓迎会だとかで
引っ張られるように節目を感じております。

人見知りではないけれど、
この土地にお友達というほどのお友達もまだいないので
知り合いが増えるのは良いことなのだろうなと思っています。
子ども達のために。

多かれ少なかれ誰でもそうだと思うのですが、節目がやってくると
それまでの慣れた愛おしい生活に対して妙にセンチメンタル気分です。
桜の蕾も膨らみ。
薔薇も可愛らしい芽を出し。

さあ行こう。
1/7 >>
skin / uterus